前へ
次へ

スーパーの順路を変えて献立に変化を

スーパーに買い物に行っても、毎日代わり映えのしない献立しか思い浮かばない、というのは主婦共通の悩みでしょう。スーパーに並んでいる品物が同じなので、どうしても似たような食事になってしまうのです。かと言ってわざわざ別のスーパーに行くのも忙しい主婦にとっては難しいです。そこで、順路を変えてみましょう。いつも野菜売り場から見ていくなら、順番を変えて調味料の棚から見ていくのです。普段スルーしているような棚をじっくり見ていくと、意外な発想が湧いてきたりします。例えば調味料の棚でアジアン系の商品を見かけ「普段作ったことのないアジアン料理にしよう」と考えつくかもしれません。練り物や魚介類、瓶詰めなど、普段献立に使わない部門では意外とスルーしている食材があるはずです。料理はひらめきと想像力の家事ですから、こういったクリエイティブな工夫が役立ちます。初めてつくるメニューはワクワクし、料理の楽しさも思い出せるでしょう。

Page Top