前へ
次へ

偏った食事をしてるといろんな意味でばれる

食事は生き物が生きていくうえで絶対に欠かせない行動ですが、だからといって偏った食生活をしていると段々といろんな意味で異常をきたすようになります。異常はやがて健康問題に発展し、それが度をすぎると深刻な病気やケガが目立つようになります。これらの具体的一例が肥満であったり糖尿病や高血圧や脳卒中などはよく知られていますが、野菜が少なすぎると顔に吹き出物が目立つようになって身体じゅうがいつもかゆくなったりなどしてしまいます。また毎日ずっと朝から夜まで同じものを食べ続けていると、体内に摂取された食べ物やスープなどの臭いが蓄積しすぎます。そのためにトイレへ行ったときに出る汚物からその臭いが漂ってくるし、ただそこに立ってたり歩いてるだけで周囲へ飲食しすぎた臭いが蓄積された体臭を漂わせてしまいます。例えばハンバーガーだと肉の臭いが染みつきすぎて店員にすぐにばれてしまうなんてことも人も存在しています。逆に野菜ばかり食べすぎて、肉や魚を全然食べてないと一見して健康そうですが、肉や野菜を食べてないために力が出しにくくなるといわれます。なので穀物や肉や魚や野菜をまんべんなくバランスよく、食べ過ぎない程度に摂取することが健康対策になります。

Page Top